ワインとイタリアンの素晴らしきマリアージュ!HAL PINOT(ハルピノ)@麻布十番

これまでの食に対する価値観が変わるくらい、ほんっとーに素晴らしい夜でした!!
d0133704_14012872.jpg
仲良くさせてもらっているライターの愛ちゃんにお誘いいただき、麻布十番にあるイタリアン「HAL PINOT(ハルピノ)」へ行ってきました。麻布十番1番出口からすぐの場所にあるビルの3階。ちょっと隠れ家っぽい雰囲気でドアを開ける時のワクワク感アリー!!
d0133704_14013291.jpg
す、素敵!!こんなお店に連れて行ってもらったら誰もがテンション上がりますよね。
d0133704_14013601.jpg
私たちはカウンター席で。ゆったりとしていてすごく落ち着ける!!
d0133704_14014041.jpg
個室もあるのでビジネスや大切な日にも使えそうですね。
d0133704_14014555.jpg
まずはシャンパンで乾杯!
ご存知の通り、ほぼ下戸な私。でも今回は愛ちゃんが絶大な信頼を置くワインのスペシャリスト森上さんがペアリングしてくださるとのことで、めったにない機会だしいろいろチャレンジしてみよう!とかなり前向きでした(笑)
d0133704_14014704.jpg
シャンパンを飲みつつオーナーさんに聞かせていただいたのは国産キャビアのお話。そもそも国産のキャビアが存在することすら知らなかった私。お水がきれいなことで有名な静岡県浜松市の春野町というところでチョウザメを育て、キャビアを生産しているという。卵が採れるようになるまで8年、もちろんメスのみ。安定して生産できるようになるまでには大変な苦労があったと思います。有難くいただかなくては!!

そして目の前に出された春野産キャビア。白桃とともにいただきます。
口に入れた瞬間に「え?これがキャビア?」という驚きが。キャビアというとプチプチしていてしょっぱいもの、と思い込んでいました。それは輸送・保存のため加熱処理され、保存のために高めの塩分が必要とされているからだそう。
しかしその場で瞬間冷凍された春野産キャビアは、とろんとしていてなめらか。しょっぱくない!!これが本物のキャビアなのね・・・
生をいただけるキャビアの旬は11月~3月。中でも1~2月のものは最高だとか。うーん、ぜひその時期にまた食べてみたい!!
d0133704_14015193.jpg





4月から新しくハルピノのシェフに就任した大澤雅司シェフが作るのはトスカーナ地方のお料理をベースとした、家庭的でありながら洗練されたお料理とのこと。今回はお店のご招待なので特別コースで。
マリネしたチョウザメの身をパリパリの生ハムと合わせて。爽やかなシェリービネガーと箱根野菜とともにいただきます。
d0133704_14015519.jpg
しっかりとした歯ごたえのあるチョウザメの身。初めて食べましたが美味しいですねー!!
きゅんとした酸味だったり、春らしいほろ苦さだったりがある箱根野菜がいいアクセントに。
d0133704_14015816.jpg
森上さんが合わせてくださったのはすっきりとした白ワイン。
d0133704_14020217.jpg
パンも自家製です。(これかなり重要なパンキチポイント)
イタリアンですからフォカッチャやタラッリ(グリッシーニ)。さりげなくハーブが効かせてあるのがニクイ。
d0133704_14020507.jpg
続いて北海道産鴨の燻製。驚きのしっとりさ!!
鴨に乗っている四角いものは燻製塩の結晶。夏ミカンのジャムと2種類の紫蘇を添えて。
スパイシーなレンズ豆が美味しい♡
d0133704_14020987.jpg
ここで出された白ワインの美味しさに、ワインなんて全然知らなかった私の中の何かが弾けた(笑)
ニュージーランド産のゲヴェルツトラミネール。これが美味しすぎたー!森上さんが言った、「ライチのような」という表現がぴったり!ワインなのにライチ!ブドウなのにライチ!!爽やかでフルーティーで最高です♡
d0133704_14021307.jpg
ここでパスタ。
しらすと春キャベツ、からすみを使った手打ちのバベッテ。これは女子ウケ間違いなしーー!!
d0133704_14021618.jpg
さらに海苔とアワビのリゾット。磯の香りがほわわ~ん。アルデンテのイタリア米の美味しさよ・・・
d0133704_14022051.jpg
メインのお肉の前に赤ワインにチェンジ。かなりいい感じになってきたのでほんの少しね(笑)
マルティネッラエトナ・ロッソ。エトナの名の通り、イタリアのワインです。
注いだ直後と、しばらく置いた後の香りや口当たりの違いに驚きました。ワインってなんて奥深いんだろうと。
d0133704_14022391.jpg
岩手山短角牛のうちももを赤ワインと玉ねぎのソースで。ホースラディッシュと山椒できりっと引き締まります。
添えられたお野菜も最高に美味しい!ちょっと見えにくいけど、鳴門金時のグリルが最高だった~♪
ぎゅっと旨みが詰まった赤身にワインが合うなぁ。ワインはお料理を引き立てるもの、というのがこの日初めて分かった気がします。
d0133704_14022775.jpg
何とデザートワインまでー!!
パンテレッリアという干したブドウから作ったワイン。まるで蜂蜜みたいに甘くてとろんとしています。美味しい・・・
d0133704_14023077.jpg
デザートはセミフレッド。ナッツやドライフルーツの食感がいいですよね~。
ハルピノで使われているのはオーダーメイドの有田焼。お皿がどれもステキなんです!!
d0133704_14023497.jpg
コーヒーとビスコッティをいただいて大満足!
d0133704_14023842.jpg
食事のあと、すごいものを見せてもらいましたよ!!
「CORAVIN(コラヴァン)」。ワインのコルクを抜くことなく、ワインを注ぐことができるという器具。
コルクを抜かないということは、酸化させないということ。これを使えば半年は味が変わらないとか。
d0133704_14024249.jpg
細い針のようなものをコルクに差してワインを注ぎます。
d0133704_14024611.jpg
d0133704_14025036.jpg
針を抜いた跡がほとんどわからないくらい。これすごい!
高価なワインを1杯だけ・・・ということがコラヴァンによって叶うのですよ。
ワイン好きな人ならおうちにも欲しくなっちゃいますよね。

少しずつとはいえ私にしてはかなり飲みましたが、悪酔いすることもなくただただ、楽しかった!!
お酒をこんなに楽しく飲めたのは初めてです。これからは少しずつ、お酒も嗜んで行きたいなと思います^^
森上さん、大澤シェフ、そしてオーナーさん、最高の夜をありがとうございました。そして愛ちゃん、いつもステキな出会いをありがとうね♡

看板にある通り、金土日はランチ(金1890円~土日3990円~)もやっているそうです!
土曜日のランチは12時~17時(16時ラストオーダー)で18時からディナー、そして日曜日は12時から20時までの通し営業!これはかなり使い勝手がいいですよね。
夜のコースも6800円とリーズナブル。軽くワイン一杯だけ、パスタだけ、などのオーダーにも対応してくださるとのこと。
カジュアル過ぎず、堅苦しくなく、居心地抜群でした。これからが楽しみなお店です。美味しいお料理とワインのマリアージュ、ぜひ楽しんでくださいね^^
d0133704_14025572.jpg

参加中です!ポチッと応援していただけると嬉しいです^^

にほんブログ村

[PR]
Commented by akko at 2017-06-14 21:14 x
額縁に入った絵がなんだか目をひくわー
ゴージャス!
Commented by a_yoshie508 at 2017-06-15 09:53
もしものために腰浮かせトイレの練習をしているよしえです(笑)

いやー、うれしいねー!
とうとうオトナの階段のぼったねー!
ヘレン、ウォーターわかったのね!的な開眼だねー!(ガラスの仮面、見過ぎw)

ワインなのに薔薇!ぶどうなのにイチゴ!イロイロあるからぢゃんぢゃん新しい世界にワクワクして!してー!

ななちん、きっと暖かい地域のモノなら少しずつ飲めるようになると思う。
ぜひぜひー!
Commented by まいまい at 2017-06-15 14:57 x
ワインにキャビアに隠れ家に。。。nanaさん大人っ、すごく大人~~。
お店の雰囲気だけで酔えそうですね。

コラヴァンなる器具、初めて見ましたオオーw(*゚o゚*)w
”ワインのコルクを抜くことなく、ワインを注ぐことができる”←なぞなぞみたい
Commented by nana_delicious at 2017-06-16 16:09
>akkoさん
私もまず絵が目に飛び込んできたよ。
ゴージャスなんだけどかしこまってなくて、こんな私でもすぐに
馴染めました(笑)
Commented by nana_delicious at 2017-06-16 16:13
>yoshieさん
腰浮かせトイレは日々の練習が大切!
やっておいて損はないっすww
ついに大人の階段のぼっちゃったよ~って遅すぎ(笑)
ガラスの仮面・・・月影てんてー!
私の中ではクララが立ったー!的な感じ。
そう、飲ませてもらった赤ワインはしおれた薔薇という表現をしていたよ。
もうこれをどこかで使いたくて仕方ない(笑)
暖かい地域ってことは、赤道直下のとか??
何がどう違うんだろうなぁ。ワインの奥深さ、底なし!!
Commented by nana_delicious at 2017-06-16 16:20
>まいまいさん
思いっきりオトナの世界を楽しんでまいりましたー(笑)
ほんと、雰囲気で酔えそうでした^^
コラヴァン、すごいですよね!!
まるで手品みたいでした。こんな画期的な器具があるとは・・・
ワイン好きなら誰もが欲しいのではないでしょうか~
by nana_delicious | 2017-06-14 15:00 | イタリアン | Comments(6)

美味しいものに囲まれていたい


by nana_delicious